三つ目は豆類のほか豆腐などのたんぱく質が不

三つ目は豆類のほか豆腐などのたんぱく質が不足しやすいバナナ型と呼ばれているタイプで、見た目は筋肉があまり付いておらず華奢な人がほとんどで、男女比は同程度です。


このタイプの人は、太りにくい体質だと言えますが、その反面一度太ると痩せるのに苦労するタイプです。




自分がどういう体質なのか、どうすれば減量可能かを「遺伝子検査」によって調べられるのです。以前なら遺伝子検査というものは医学上の検査でしたが、最近では誰でも手軽に家で遺伝子検査を行うことができるようになったのです。どんな時代であってももっと体重を減らせたらと考えている人は少なくないのではないでしょうか。ところが、痩せたいと思ってデレビで紹介されていたダイエットに挑戦してみても痩せない、雑誌で紹介されていた方法を試しても効果なし、という方は多いのではないでしょうか。このタイプの人の場合、脂質の少ない食事を摂るのと合わせて、唐辛子あるいはショウガというような温熱食材と言われる食材を摂取して体を温めるようにすればダイエットの成果が見込めるでしょう。



二つ目は揚げ物及びジャンクフードなど脂質の代謝が不得意な洋ナシ型という名前のタイプで、お腹あたりに皮下脂肪がつきやすく、男性に比べて女性に多くみられます。このタイプの場合、痩せようと努力しても簡単には痩せないタイプと言えるでしょう。たぶんそれは、自分に適したダイエットのやり方ではないからなのかもしれません。

一昔前なら、なぜ痩せないんだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、今は簡単にその訳を知ることが可能です。まず第一に、検査をやってくれる企業から検査キットを取り寄せてください。

それから、検査キットには綿棒が含まれているため、この綿棒を使ってほほ周辺の粘膜を採取します。最後にその綿棒を送り返すだけです。



その後、おおよそ2?3週間で検査結果が自宅まで届くのです。検査キットの金額は個々の企業で少しの差はあるにはあるのですが、ほぼ5000円?6000円くらいです。


肥満のタイプには四種類あり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子変異は起っておらず生活習慣が元となるものに分けられています。一つ目はパンやごはんといった糖質の代謝がうまくできないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、女性に比べて男性に多いのが特徴です。


このタイプに分類される人は、痩せやすい体質だと言えますが、逆にリバウンドもしやすいタイプと言えます。このタイプの人だと、糖質を制限した食事を摂るのと合わせて、糖質の燃焼効果が望めるビタミンB1をいっぱい摂取することで、減量効果が望めるでしょう。