肥満のタイプには四種類あり、肥満遺伝子変異によ

肥満のタイプには四種類あり、肥満遺伝子変異によるものが三種類と遺伝子の変異はなくて生活習慣が問題のものに区分されます。

一つ目はパンやごはんなどの糖質の代謝が得意ではないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がすぐについてしまい、男性のほうが女性よりも多めです。二つ目は揚げ物及びジャンクフードというような脂質の代謝が不得意な洋ナシ型と呼ばれているタイプで、お腹周辺に皮下脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多いのが特徴です。このタイプの場合、体重を減らしたいと頑張ってもすぐには痩せないタイプと言えます。




このタイプだと、体質的には痩せやすいのですが、かえってリバウンドもしやすいタイプなのです。このタイプの人だと、糖質を制限した食事を摂ると同時に、糖質を燃焼すると思われるビタミンB1をたくさん摂取することで、減量効果が望めます。

どんな時代であってもあとちょっとだけ体重を減らしたいと考える人は少なくないのではないでしょうか。しかしながら、痩せたいと思いテレビで見かけたダイエット方法に挑戦したけれども痩せない、本で見かけたやり方を試しても効果が出ない、という方も結構いることでしょう。


自分がどういった体質か、どうやったら痩せられるのかを「遺伝子検査」という方法で調べられるのです。




以前なら遺伝子検査は医学上のものでしたが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査をやることができるようになりました。




実のところそれは、自分に適しているダイエットの仕方ではないのかもしれません。

以前なら、どうして痩せないんだろうと一人で悩まなければいけなかったのですが、現在は容易にその要因を調べることが可能なのです。それから、約2?3週間前後で検査の結果が家まで届きます。検査キットの金額は企業によりわずかな差はあるにはあるのですが、ほとんど5500円前後です。




このタイプの人は、脂質を抑えた食事を摂りながら、唐辛子あるいはショウガなど温熱食材と言われる食材をなるべく摂取して体を温めるようにすれば減量の成果が見込めるでしょう。




まず、検査を行ってくれる企業から検査キットを取り寄せます。


そして、検査キットには綿棒が含まれているので、この綿棒を利用してほほの部分の粘膜を採取してください。




あとはその綿棒を返送するのみでよいのです。三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質が不足してしまいがちなバナナ型と呼ばれているタイプで、見た目は筋肉があまり付いておらず華奢な人が多く、男女同じくらいずついます。


このタイプだと、体質的には太りにくいのですが、その反面太ってしまうと簡単には痩せにくいタイプです。