二つ目は揚げ物及びジャンクフードといった脂質の

二つ目は揚げ物及びジャンクフードといった脂質の代謝がうまくできない洋ナシ型という名前のタイプで、お腹周りなどに皮下脂肪がつきやすく、男性よりも女性に多くみられます。

このタイプについて言うと、体重を減らしたいと頑張っても簡単には痩せないタイプです。いつだってあと少し体重を減量できたらと思っている人は少なくないのではないでしょうか。ですが、痩せたいと思ってデレビで紹介されていたダイエットにチャレンジしたが痩せない、雑誌で見た方法を試しても全然ダメ、という方も結構いることでしょう。


このタイプに分類される人は、脂質を制限した食事を摂りつつ、唐辛子、ショウガなど温熱食材と呼ばれる食材を摂取して体を温めるようにすると減量効果が見込めます。本当はそれは、自分にピッタリなダイエット法ではないのかもしれません。


昔なら、なぜ痩せないんだろうと一人で考え込んでいたかもしれませんが、現在は容易にその理由を知ることができるのです。まず始めに、検査を行ってくれる企業から検査キットを買いましょう。

それから、検査キットの中には綿棒があるので、この綿棒を使ってほほのあたりの粘膜を採取します。



最後はその粘膜のついた綿棒を返送するのみでよいのです。それから、約2?3週間くらいで検査結果が書かれている紙が家に配達されます。




検査キット代は各企業毎に少しの差はあるのですが、おおよそ5000円?6000円くらいです。このタイプに分類される人は、痩せやすい体質ではあるのですが、かえってリバウンドもしやすいタイプと言うことができます。このタイプに分類される人の場合、糖質が少なめの食事を摂ると同時に、糖質の燃焼効果が期待できるビタミンB1をいっぱい摂取することで、減量効果が期待できます。

肥満のタイプには四種類あり、肥満遺伝子変異によるものが三種類と遺伝子変異はなく生活習慣が動機となるものに区分することができます。まず一つ目はご飯やパンといった糖質の代謝が不得意なリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、女性に比べて男性に多いのが特徴です。自分がそういう体質であるか、どうすれば痩せることが可能かを「遺伝子検査」を行い知ることができるのです。昔なら遺伝子検査においては医学上の検査だったと言えますが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査ができるようになりました。三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型と呼ばれるタイプで、外見は筋肉があまりついておらず、ほっそりした人がほとんどで、男女比は同程度です。

このタイプの人は、太りにくい体質と言えるのですが、その反面太ってしまうとすぐには痩せないタイプだと言えます。