まず始めに、検査を受けることが可能な企業から検査キ

まず始めに、検査を受けることが可能な企業から検査キットを取り寄せます。次に、検査キットには綿棒が含まれているため、この綿棒を使用してほほの部分の粘膜を取ります。

最後にその綿棒を送り返せばよいのです。


このタイプの人の場合、脂質の多くない食事を摂ると同時に、唐辛子もしくはショウガなど温熱食材と言われている食材を積極的に摂り体を温めることで減量効果が期待できるでしょう。本当はそれは、自分に合っているダイエット法ではないことが原因かもしれません。




昔であれば、なぜ痩せないんだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、今は簡単にその理由を調べることができます。


三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型という名で呼ばれているタイプで、見た目は筋肉があまり付いておらずほっそりとした人が多く、男女同程度の比率です。




このタイプの人の場合、太りにくい体質だと言えますが、逆に太ってしまうとすぐには痩せないタイプだと言えます。肥満には四種類あり、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子変異は起っておらず生活習慣が問題のものに分けられています。

一つ目はパンやごはんといった糖質の代謝が苦手なリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪がつきやすく、女性よりも男性に多めです。




このタイプの人は、体質的には痩せやすいと言えますが、逆にリバウンドもしやすいタイプと考えられます。




このタイプに分類される人は、糖質を減らした食事を摂ると同時に、糖質を燃焼すると思われるたくさんのビタミンB1を摂ることで減量効果が望めます。


いつだってもう少し体重を減らせたらと考えている人は少なくないでしょう。



しかしながら、痩せたいと思いデレビで紹介されていたダイエットに挑戦してみたものの痩せない、本で見かけたやり方を試しても効果が出ない、という方もたくさんいると思います。

二つ目は揚げ物及びジャンクフードのような脂質の代謝が苦手な洋ナシ型と言われているタイプで、皮下脂肪がつきやすいタイプで、女性のほうが男性に比べて多めです。



このタイプの場合、減量しようといくら努力しても簡単には痩せることができないタイプと言えます。そのあと、ほぼ2?3週間くらいで検査結果が書かれている紙が自宅まで届くのです。検査キットの費用は各企業毎に少しの差はありますが、だいたい5000円?6000円です。自分がそういう体質であるか、どうすれば減量可能かを「遺伝子検査」によって調べることができます。一昔前であれば遺伝子検査というものは医学上のものだったのですが、今では誰でも簡単に家で遺伝子検査を受けることができるようになりました。