初めに、検査を受けることが可能な企業から検査キットを

初めに、検査を受けることが可能な企業から検査キットを取り寄せましょう。




そして、検査キットには綿棒が入っているので、この綿棒を使用してほほのあたりにある粘膜を取ります。最後はその粘膜のついた綿棒を返送しましょう。肥満には四種類あり、三種類の肥満遺伝子変異が元となるものと遺伝子変異はなく生活習慣が問題のものに分けられます。一つ目はごはん並びにパンなどの糖質の代謝が上手にできないリンゴ型という名で呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪が付きやすいタイプで、女性よりも男性に多くみられます。




いつも常にあと少し体重を減らしたいと考える人は多いことと思います。しかしながら、痩せたいと思いテレビで見かけたダイエット方法に挑戦してみたものの痩せない、雑誌で見たやり方を試しても効果が出ない、という方は多いのではないでしょうか。このタイプに分類される人は、体質的には痩せやすいのですが、その反面リバウンドもしやすいタイプと考えられます。


このタイプの人は、糖質の少ない食事を摂ると同時に、糖質を燃焼すると考えられているビタミンB1をたくさん摂取することで、減量効果が望めるでしょう。


三つ目は豆類に加えて豆腐などのたんぱく質が不足しがちなバナナ型と言われているタイプで、外見は筋肉が少なく、ほっそりとした人が多く、男女同じくらいずついます。

このタイプだと、太りにくい体質と言えるのですが、逆に一回太ると簡単には痩せにくいタイプです。

自分がどういった体質か、どうやったら減量することができるのかを「遺伝子検査」を行い調べることができます。

一昔前であれば遺伝子検査というものは医学上のものだったのですが、今では誰でも簡単に家で遺伝子検査をやることができるようになりました。




このタイプの人の場合、脂質の多くない食事を摂りながら、唐辛子もしくは生姜等の温熱食材に分類されている食材を摂るようにして体を温めるようにすれば減量の成果が望めます。



二つ目は揚げ物並びにジャンクフードなど脂質の代謝が上手にできない洋ナシ型と呼ばれるタイプで、お腹あたりに皮下脂肪がつきやすく、男性に比べて女性に多くみられます。このタイプに関して言えば、痩せようと頑張ってもなかなか痩せづらいタイプなのです。


それから、約2?3週間で検査の結果が自宅まで配達されます。検査キットの価格は各企業でわずかな差はありますが、だいたい5500円前後です。

実のところそれは、自分に合ったダイエットのやり方ではないのかもしれません。

以前なら、どうして痩せないんだろうと一人で悩んでいたかもしれませんが、最近では簡単にその要因を調べることが可能なのです。