三つ目は豆類のほか豆腐などの

三つ目は豆類のほか豆腐などのたんぱく質が不足しやすいバナナ型という名前のタイプで、外見は筋肉が少ないように見え、ほっそりとした人が多く、男女比は同程度です。このタイプだと、太りにくい体質なのですが、その反面一度太ると痩せるのに苦労するタイプです。このタイプだと、痩せやすい体質だと言えますが、逆にリバウンドもしやすいタイプなのです。

このタイプに分類される人は、糖質が少なめの食事を摂りつつ、糖質を燃焼してくれると思われているたくさんのビタミンB1を摂ることで減量効果が期待できます。どんな時でももう少し体重を減量したいと感じている人は多いことと思います。ですが、痩せたいと思ってテレビで見たダイエットにチャレンジしたが痩せない、本で見た方法を試しても全然ダメ、という方も結構いることでしょう。

肥満には四種類あり、肥満遺伝子変異が原因のものが三種類と遺伝子変異はなく生活習慣が元となるものに区分されます。一つ目はパンやごはんといった糖質の代謝が得意ではないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓の周りに脂肪が付きやすいタイプで、女性に比べて男性に多めです。それから、およそ2?3週間程度で検査の結果が書いてある紙が自宅まで届くのです。検査キットの料金は企業によっても多少の差はあるにはあるのですが、だいたい5500円前後です。


実はそれは、自分に合ったダイエット法ではない可能性があります。昔なら、なぜ減量できないのだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、最近では簡単にその理由を調べることができます。まず第一に、検査を受けることができる企業から検査キットを購入します。

それから、検査キットの中には綿棒があるので、この綿棒でほほのあたりの粘膜を採取しましょう。




あとはその粘膜を付着させた綿棒を送り返せばよいのです。



このタイプの人は、脂質を減らした食事を摂るのと合わせて、唐辛子あるいは生姜などのような温熱食材と呼ばれる食材を摂り体を温めることによって体重を減らすことが期待できるでしょう。

自分がどのような体質か、どうやったら痩せられるのかを「遺伝子検査」によって知ることができるのです。

一昔前であれば遺伝子検査は医学上の検査でしたが、今では誰でも簡単に家で遺伝子検査を行うことが可能となったのです。

二つ目は揚げ物に加えてジャンクフードといった脂質の代謝が不得意な洋ナシ型という名前のタイプで、皮下脂肪がつきやすく、男性に比べて女性に多くみられます。このタイプの場合、減量しようといくら努力しても簡単には痩せることができないタイプと言うことができます。