二つ目は揚げ物に加えてジャン

二つ目は揚げ物に加えてジャンクフードなど脂質の代謝が上手にできない洋ナシ型という名で呼ばれているタイプで、皮下脂肪がつきやすく、男性に比べて女性に多くみられます。このタイプに関して言えば、減量したいと努力しても簡単には痩せることができないタイプと言えるでしょう。

自分がどのような体質か、どうすれば痩せることが可能かを「遺伝子検査」というやり方で調べられるのです。


以前であれば遺伝子検査は医学上のものでしたが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査をすることが可能となったのです。




まず始めに、検査をやってくれる企業から検査キットを購入します。

それから、検査キットの中には綿棒が入っているので、この綿棒を使ってほほのあたりの粘膜を採取してください。



最後はその粘膜のついた綿棒を返送するのみでよいのです。三つ目は豆類のほか豆腐などのたんぱく質の摂取が不十分なバナナ型と呼ばれているタイプで、外見は筋肉があまりついておらず、ほっそりした人がほとんどで、男女比は同程度です。




このタイプだと、太りにくい体質なのですが、その反面一回太ってしまうとすぐには痩せないタイプだと言えます。


このタイプの場合、痩せやすい体質ではあるのですが、逆にリバウンドもしやすいタイプと言えます。


このタイプの人は、糖質の多くない食事を摂ると共に、糖質を燃焼すると思われるビタミンB1を多く摂取することで、減量効果が望めます。


肥満には四種類のタイプがあり、肥満遺伝子変異によるものが三種類と遺伝子の変異はなくて生活習慣によるものに分けられています。




まず一つ目はパン及びごはんなどの糖質の代謝が苦手なリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、女性に比べて男性に多めです。


たぶんそれは、自分に合っているダイエット法ではない可能性があります。以前なら、どうして体重が減らないんだろうと一人で悩まなければいけなかったのですが、現在は容易にその訳を知ることができるのです。




その後、おおよそ2?3週間くらいで検査結果を書いた用紙が家まで届きます。検査キットの料金は各企業毎に多少の差はあると言えますが、ほぼ5500円前後です。


このタイプなら、脂質の少ない食事を摂りつつ、唐辛子または生姜などのような温熱食材と言われている食材を摂るようにして体を温めることで体重を減らすことが期待できます。




いつも常にもっと体重を減らしたいと思う人は多いと思います。しかし、痩せたいと思ってテレビ番組で見たダイエット法にチャレンジしたものの痩せない、本で紹介されている方法を試しても全然ダメ、という方もたくさんいると思います。