その後、だいたい2?3週間で検査結果が

その後、だいたい2?3週間で検査結果が自宅まで配達されます。




検査キットの価格は企業によりわずかな差はあるものの、約5000円?6000円です。

このタイプなら、脂質の少ない食事を摂るのと合わせて、唐辛子または生姜などのような温熱食材と言われている食材を摂るようにして体を温めることによって減量の成果が見込めるでしょう。



このタイプだと、痩せやすい体質なのですが、かえってリバウンドもしやすいタイプと言えます。このタイプに分類される人は、糖質の少ない食事を摂るのと合わせて、糖質を燃焼すると思われるビタミンB1をたくさん摂取することで、減量効果が期待できます。


いつだってもう少し体重を減らしたいと考える人は多いと思います。




ですが、痩せたいと思ってテレビで紹介されたダイエットに挑戦したけれども痩せない、雑誌で見たやり方を試しても効果が出ない、という方も結構いることでしょう。

初めに、検査を受けることができる企業から検査キットを取り寄せます。それから、検査キットには綿棒が入っているため、この綿棒でほほ周辺の粘膜を採取します。最後にその綿棒を送り返せばよいのです。


肥満のタイプは四種類に分けられ、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子は変異しておらず生活習慣が問題のものに分けられています。一つ目はパンやごはんなどの糖質の代謝が上手にできないリンゴ型と言われているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、男性のほうが女性よりも多めです。

自分がそういう体質であるか、どうすれば痩せられるのかを「遺伝子検査」というやり方で調べられるのです。




以前なら遺伝子検査というと医学上のものだったのですが、今では誰でも手軽に自宅で遺伝子検査をすることができるようになりました。


実はそれは、自分に適しているダイエット法ではないからなのかもしれません。


一昔前なら、なぜ効果が出ないんだろうと一人で悩まなければいけなかったのですが、現在では手軽にその訳を知ることができるのです。二つ目は揚げ物のほかジャンクフードといった脂質の代謝が得意ではない洋ナシ型という名で呼ばれているタイプで、皮下脂肪がつきやすいタイプで、男性よりも女性に多いのが特徴です。このタイプの場合、減量したいと努力しても簡単には痩せないタイプです。三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質が不足しがちなバナナ型という名で呼ばれているタイプで、外見は筋肉が少なく、ほっそりした人がほとんどで、男女同じくらいずついます。このタイプの人の場合、太りにくい体質なのですが、その反面太ってしまうとすぐには痩せないタイプだと言えます。